品川にあるクリニックでメンズ髭脱毛が人気です

私は昔から毛が濃い方で、人知れず悩んでいた。思春期以降になると人の目が気になり、もともと無駄毛が少なくすべすべとした肌の同級生を羨むこともあった。

世の中の無駄毛処理を大きく分類すると、プロによる脱毛とセルフ脱毛があるが、私はセルフ脱毛派である。他人に処理してもらうのが恥ずかしかったり、予約をするのが面倒だったりするからである。今まで私が試してきた無駄毛処理方法は多岐にわたる。その中で主なものを四つ挙げ、利点と難点を述べていく。

一つ目は、剃刀。
言わずと知れた原始的な無駄毛処理方法である。これは思い立ったらすぐに取り掛かることができ、それほどテクニックも必要としないため大変手軽である。難点は頻繁に剃ると肌が荒れてしまうことである。脇などの凹凸がある部分は剃り残してしまったり、肌を切ってしまったりなどということもしばしばある。

二つ目は、脱毛クリーム。
剃るのとは違い毛根から処理できるので、仕上がりが綺麗なのが良い。難点は手間と時間がかかること。クリームを均一に塗って15分程度置かなければならず、その後綺麗に洗い流す必要がある。クリームの量が十分でなかったり、塗ってから時間を置かなかったりするとうまく脱毛できないことがあるため、ある程度テクニックが必要である。

三つ目は、家庭用脱毛器。
これはすぐに毛が生えなくなるわけではないが、繰り返し照射することによって、半永久的に毛が生えてこなくなる優れものである。難点はコストがかかることと準備が面倒なことである。光は直接見ると目に悪いためサングラスを装着したり、やけどを防ぐために肌を保冷材で冷やしながら作業したりする必要がある。

四つ目は、ブラジリアンワックス。
ブラジリアンワックスは一気に広範囲の毛を抜くことができ、すぐに肌がツルツルになることが利点である。難点は、ワックスを剥がすときに多少痛みが生じること。アフターケアをしないと肌荒れの原因になることもある。

こうして挙げてみると、すべての面において理想的な脱毛方法は存在しないように思えてしまう。今私はどのように処理しているかというと、結局原点回帰して剃刀を主に用いている。定期的な脱毛は非常に面倒である。しかし綺麗な肌でいるために、老化とともに無駄毛の生命力が衰えるその日まで無駄毛との戦いを続けていこうと思う。

男性のヒゲだけはプロによる脱毛を選択した方が良い。顔を傷つける危険があるし、男のヒゲは頑固だからだ。もし品川でヒゲ脱毛したいならこちらを見るとよい。【品川ひげ脱毛